労働生産性向上・組織活性化支援

コンサルティングのイメージ

解決の基本となるのは業務要件定義と評価基準の可視化です。面談とトレーニングを通じて従業員のモチベーションを上げながら労働生産性を上げていきます。人を排除する業務効率化ではなく、人の判断力を上げて業務レベルを向上させ、売上や利益への貢献度に応じて評価する仕組みを作ります。

こんにちは、築山です。アクティヴ・ノンアクションという言葉を知ってますか?常に行動的で一生懸命(active)だが、結果や成果が伴っていない(non-action)という状...

こんにちは。築山です。沖縄企業の人手不足がますます深刻になっています。有効求人倍率は、本土復帰後初めて1.0倍を超えた昨年6月から年度末までは1%程度の増加だった...

沖縄企業の成功事例:飲食業B社様(年商9億円)

業務要件定義や評価基準の可視化はもちろんのこと、事務所清掃などの労働環境の整理整頓も行い、効率的に働ける環境づくりから開始。管理職による丁寧な面談とトレーニングで、人手不足の中でも労働生産性を1.3倍に上げ、コンサル開始からわずが3ヶ月で単月ながらも黒字化を達成。その後も労働生産性と利益は上がり続け、貢献度に応じて従業員の賃上げも行いました。

 

コンサルティングのご相談、お問い合わせは…

ご相談、お問い合わせ