弊社のコンサルタント採用について

こんにちは。築山です。

最近、コンサルティングの依頼に混じって採用に関する問い合わせをいただく回数が増えており、とても驚いてます。
内地(本土)の大学在学中の就活生から転職活動中のビジネスパーソンまで、多くはGoogle検索で弊社のHPを見つけてブログ等を読んで共感してくださった方々です。

ほとんどの方が「生まれ故郷の沖縄を良くしたい。そのためにコンサルタントになって必要なビジネススキルを身に着けたい」と述べており、やはり地元愛の強い県民性を象徴しています。

 

結論から申し上げると、弊社でコンサルタントの採用は行なっていませんし、今後採用する予定もございません。その理由を以下に書いておきます。

 

 

99%のコンサルは胡散臭いですよ…

コンサルタントほど毀誉褒貶の激しい職種はありません。何やら最近では「外資系」と付くコンサルタントは皆が憧れる人気職業らしいですが、そんな人はおそらく全体の1%も居ないでしょう。

コンサルタントの99%は世間から「胡散臭い人」だと思われています。それについて書いた築山のブログが常にアクセスランキングの上位にあることが何よりの証明です。つまり、コンサルタントを名乗ると、逆に皆さんの地元愛を実現することは難しくなります(笑)

「じゃあ、なんでオマエはコンサルやってるんだ?」っていう話ですけど、最初からそれを踏まえた上で創業計画書を作って経営しているからです。つまり、沖縄で経営コンサルをやるためのコンサルを自らやってるんですね。

それでも「沖縄で働くのにはどうしてもコンサルタントじゃなきゃダメ!」という人はこれを参考にしてください。築山の創業計画書を全て公開しています。


 

 

マジレスすると…

築山が、自分の会社や事業を大きくすることに興味がないからです。弊社のミッションは、正しく効率良く稼げる(=生産性高く働ける)沖縄の会社や人を増やすことです。
そのためには、コンサルティング会社である自社を大きくするよりも、弊社の大切にするコンサルマインドやマネジメントスキルを持った方々が増えることの方が重要だと思うのです。


 

なので、沖縄に戻られたら弊社で働くよりも様々な沖縄企業で働いていただき、弊社をパートナーとして指名していただきたいのです。沖縄経済や社会というレベルで良くなっていくためには、そのようにして皆さんと一緒に掛け算的に成長していく方がベストだし文字通り効率的に成長できます

 

 

築山 大
琉球経営コンサルティング

 

コンサルティングのご相談、お問い合わせは…

ご相談、お問い合わせ