付加価値を生み出せるのはヒトだけ:人材育成コンサルティング事例

こんにちは。築山です。

先日終えた9ヶ月に渡る沖縄ワタベウェディング株式会社様との仕事は、人材育成の大切さや、経営コンサルティングという仕事の醍醐味を再確認した仕事になりました。また開始3ヶ月後にコロナウィルスが感染拡大し、クライアントとリモート会議などの試行錯誤しながら成果を出し、仕事を完遂させた印象的な仕事にもなりました。

 

沖縄の人気企業である理由

先方からの依頼は「入社3年目の若手社員十数名による新規事業計画立案の講師を探している」というものでした。新規事業計画の立案だけでも難しいのに、さらにそれを若手社員がやるという難易度の高い仕事です。

しかし(ちょっと付箋紙で遊んでアイディアを出して終わるような)おざなりの研修にしない。マーケティングの基本から学び、事業コンセプトや理念、投資採算まで揃えた計画書を作成し経営陣に提出、採用されれば実行する…という先方の本気度と熱意に感動し、直ぐにコンサルティング提案書を作って送り、幸運なことに採択されました。

昨今の人手不足や業務が忙しい中で、若手社員に年の3分の2の時間を割いて研修を行うには、人事部はもちろん、各現場の上長や他メンバーによる業務調整などの困難が伴います。実際、これほどの時間やコストをかけて若手教育をしている企業は、沖縄にはあまり存在しないのではないでしょうか?

この会社が「沖縄の就職志望企業ランキング」で上位の常連であること、「沖縄県人材育成企業」への認定や、経済産業省「ダーバーシティ経営企業100選」に選ばれている理由が分かった気がしました。

 

事業とは「付加価値を作って稼ぐ」こと

このプロジェクトのキモは、若手社員たちが「付加価値を作って稼ぐ」ことを理解し「それを沖縄でやる意味」を見つけることでした。

「付加価値の作り方」ついては、マーケティングの原理原則や事業計画を立てるための各種フレームワークを教えるのに加えて、弊社や沖縄ワタベウェディング様の創業事例を分析することで具体的なイメージを描けるように注力しました。

2003年の創業当時、リゾートウェディングは年2,000組ほどでしたが、現在の挙式組数は17,000組を超え、沖縄の観光コンテンツの一つとして重要な役割を担うまでに成長しました。その先頭に立っているのが沖縄ワタベウェディング様であり、ハワイをはじめとした海外挙式のノウハウを武器に、沖縄にリゾートウェディングという質の高い「付加価値」を作り、市場を拡大してきたのです。

つまり、若手社員にとって自分たちが所属する会社の歴史を学ぶことが、新規事業を考えるうえで一番の手本でした。

*沖縄ワタベウェディング公式HPより

 

視座を高く、視野を広くする

もう一つの「その新規事業を沖縄でやる意味」を見つけることは、社会人になって僅か3年目の彼等にとっては難しいことです。

このブログでも何度も述べている、経済(生産性)、観光業、人手不足という現状分析レポートを話したり、築山の知人であり、沖縄の第一線で活躍されている経営者の方に外部講師に招いて話してもらうなど、とにかく、彼等の視座を高く、視野を広くする時間を沢山もうけました。

全国最下位である沖縄の労働生産性や所得の低さなど、自分たちが薄々感じていたことを数字で明確に示されたり、自分たちがアピールすべきだと思っていた沖縄の価値が、実は観光客からそれほど評価されていない現実、逆に、外部から評価されている沖縄の文化について自分たちが何も知らなかったり…ショッキングなことも多かったようです。

「沖縄の大学でマーケティングや、観光学を学んだけど、こういった切り口で沖縄を学んだことはなかったので、良い機会になった」という感想をくれた方もいらっしゃいました。

 

次ページに続きます

固定ページ:

1

2

コンサルティングのご相談、お問い合わせは…

ご相談、お問い合わせ